課金についてのメモ

いろんな参考書を読んでも、微妙に簡単な手順が見えてこない。

もっと簡単に出来るハズなのだ・・・と、良く良く読み下していくと、

実はなんてことない。

 

Googleの開発キットとしてダウンロードしていた

Billing 配下を、自パッケージに丸ごとコピーすれば良い。

でもって、サービスをバインドし、コールバック用のクラスを、

継承して準備すれば良いだけのこと。

 

まぁ、それでも、いくつか小さなワナはある。

 

参考書に記載されていた @Override メソッドの引数が、

継承から自動生成した際に異なっている。とか、

しかも、その引数クラスが、どこにも見つからないとか・・・

まぁ、継承元のクラスの宣言が public になっていないことが理由だったりする。

 

ちなみに参考にした本は、

 ・iPhone&Androidアプリ内課金 プログラミング完全ガイド

 ・Android SDK 逆引きハンドブック

である。

 

前者は、プロトコルに沿って説明している為か、

クラス構成が判りにくい上、クラスの部分部分の解説に入ったり、

コピーして終了!的なソースの説明までしてしまうので、

微妙に判りにくい(汗)

 

後者は、サンプルが最小限の為、より現実的な実装には向かない。

 

両者を合わせて読み進めることで、ようやく理解出来ました(笑)

 

あ、そうそう。

課金は、非同期で行われると考えた方が良い。

従って、Activityへの書き込みは、Handler を使うことになります。

この辺りの知識もあった方が、判りやすいだろうね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sekstelefon (火曜日, 31 10月 2017 19:45)

    Korono